初心者でもわかりやすい共有不動産の名義変更の仕方

相続から共有名義人になることもある


人間は一生に1度ぐらいは相続をする場面があります。
相続をする場合、共有になるケースがありいわゆる共有不動産と言われるものが生まれるわけです。
この共有不動産は、相続人が複数いた場合に生じるものと言えるでしょう。
共有不動産の場合には、登記簿に複数の人の名前が書かれます。
つまり共有不動産とは、1つの土地や建物に対して複数の人が所有していることを意味します。

相続人が複数いる場合の対処方法としては、誰か1人が単独名義になり、残りの相続人対してお金を払うと言う方法もあるわけです。
この方法が採用できる場面は限られており、支払うだけの資金がある場合が基本です。
そうでなければなかなか難しいため、少なくともこの場合は共有名義にした方が良いでしょう。

もう一つは、完全に売却してしまう方法も考えられます。
売却すれば、共有不動産にする必要がありませんが、それでもなお共有不動産にしていると言う事は何らかの理由があるはずです。
考えられるのは、不動産にまだ住宅ローンが残っており抵当権がついている場合です。

共有不動産の名義変更の仕方


共有不動産を各自が所有していた場合でも、これを売却する場合などは名義変更が必要になります。
名義変更の仕方は簡単で、その道のプロに依頼すれば良いだけです。
その道のプロとは誰のことかと言えば、司法書士事務所にいる司法書士になります。
弁護士でも名義変更をしているかもしれませんが、一般的には事務所は名義変更の仕事などをしているケースがほとんどになります。
いわゆる、登記簿と呼ばれるものがあり、この登記簿の名前を解消しなければいけません。
この早期に関する専門家が、司法書士と呼ばれる仕事です。
書士の先生は全国にたくさんいますので、身近な人や知っている人などから紹介を受けて選ぶケースもあるかもしれません。

一方で、不動産会社の方で紹介してくれる可能性を否定できません。
もし不動産会社の方で司法書士事務所を紹介してくれる場合は、そこにお願いをすれば名義変更に関して言えば間違いのないところです。

まとめ

共有不動産と呼ばれるものがありますが、俺は複数の名義人になっていることを意味しています。
つまり単独名義ではなく複数の所有者が1つの不動産を所有している状態です。
売却ができなかった場合や譲渡等をすることをさせた場合はこのような状態になる整数があります。
では、いよいよ売却できるようになった場合、これを解消する必要がありますが、この場合には司法書士事務所に依頼するのが一般的となっています。
不動産会社から紹介されるケースが多いです。