本当にサルでも分かるのか?


共有不動産の売買契約書の書き方はそれなりの知識と経験が必要になるので、サルに教えるのは現実的に見て難しいです。
人間に近い知能を持っていると言われるサルですが、読み書きできる程の知能は持っていません。
その点人間は生き物の中で最も優れている知能を持っているので、共有不動産の売買契約書の書き方くらいは誰でも覚えることが可能です。
共有不動産の売買契約書は買主と売主の認識の違いから生まれるトラブルを避けるために存在します。
買主と売主の認識の違いは時間経過で生まれることもあるので、長時間経過しても効果を失わない正式な書式を採用して項目なども漏れなく記入しなくてはいけません。
ルールもあり、やることもたくさんあるので流石にサルに理解させるのは厳しいことが分かります。
ここで言う「サルでもわかる共有不動産の売買契約書の書き方」という表現は、「そのくらい簡単に説明します」という言い回しなので勘違いしてはいけません。

共有不動産の売買契約書の書き方のポイント


共有不動産の売買契約書は買主と売主の認識の違いから生まれるトラブルを避けるために存在するものなので、基本的なポイントは必ず押さえておく必要があります。
共有不動産の売買契約書で一番大事なのは持分です。
共有不動産の場合は複数人の所有者がいるので、それぞれの持分を明確にしておく必要があります。
これは口頭約束などではなく、しっかり書類として残しておくべきです。
持分の境界があいまいな場合は境界確定測量を行うのがおすすめです。
境界確定測量を行えば揉めることがなくなり、売買する時もトラブルを避けることができます。
持分の記載がない売買契約書は非常にリスクが高いので、共有不動産の所有者になる時は必ず持分をはっきりさせておくのがおすすめです。
共有者が多ければ内容はどんどん複雑になっていくので、共有不動産の売買契約書に記載する内容も増えていきます。
しかしこのポイントをしっかり押さえておけばトラブルになることはありません。

まとめ

共有不動産の売買契約書の書き方がサルでもわかるというのは少し極端な表現ですが、ポイントを押さえることができればそこまで難しい作業ではないです。
共有不動産の売買契約書は買主と売主の認識の違いから生まれるトラブルを避けるために存在しているので、無駄なトラブルを避けたいなら必ず作成した方が良いです。
共有不動産の売買契約書は持分の記載がとても重要というポイントをしっかり押さえておけば、トラブルになることはありません。